午後1時半より、令和2年初めての法要、宗祖・親鸞聖人御正忌法要を順照寺本堂で勤めました。

午後1時半より、令和2年初めての法要、宗祖・親鸞聖人御正忌法要を順照寺本堂で勤めました。


坊守がご法話をしました。また、参拝者のお若い人が日頃の想いを皆さんの前で話されました。貴重なお話を拝聴できました。

坊守がご法話をしました。また、参拝者のお若い人が日頃の想いを皆さんの前で話されました。貴重なお話を拝聴できました。

■日 時 : 令和2年1月12日(日)
■時 間 : 午後1時半より
■場 所 : 慈光山 順照寺本堂

====================
参加されたご門徒の感想
毎年坊守様より作法のおさらいをしていただいています。
基本動作もさることながら、今年は数珠の房は下にくるようにと忘れがちな事も教えて頂きました。
慈光山順照寺の名前の由来も、仏様の慈悲の光が順番に照らされるということを知りました。

====================
1月25日(土)は、神戸西組(須磨区・長田区の浄土真宗のお寺の集まり)の合同の親鸞聖人報恩講法要があり、今年は、葬儀(葬場勤行)のお勤めをします。
その際に実際の棺桶・納棺体験をしてもらいます。

====================
※2020年1月12日の住職ブログ「御正忌法要」に当日の詳細をアップしました。
ぜひご覧下さい。
↓↓↓
https://junshoji.exblog.jp/27933241/