令和2年 阪神・淡路大震災物故者追悼法要

1月17日午後4時より、神戸市佛教連合会・会長さんのご自坊・兵庫区・感応寺にて、阪神・淡路大震災犠牲者追悼法要が勤められました。


令和2年 阪神・淡路大震災物故者追悼法要

小生も神戸市佛教連合会・副会長として、開会の辞を述べさせていただき、各区の会長(参議)さんと共に出勤させていただきました。

■日 時 : 令和2年1月17日(金)
■時 間 : 午後4時より
■場 所 : 感応寺
■主 催 : 神戸市佛教連合会

あの日のことは決して忘れない。

1月17日午前5時46分。

あれから25年。

あの日のことは決して忘れない。
無常の世の中を、まさに実感させられた。

今一度振り返り、あの大震災はこの私にとって何だったのか一緒に考えてみませんか。

合掌 南无阿弥陀佛

————————
参加されたご門徒の感想
昨年に比べると、参加する人が減っていましたが、会長様の「この法要はこられた方のためにしてるのではありません。あの震災で亡くなられた6千人以上の方々のために行っているんです」という話に感動致しました。

————————
※2020年1月17日の住職ブログ「阪神・淡路大震災犠牲者追悼法要 」に当日の詳細をアップしました。
ぜひご覧下さい。
↓↓↓
https://junshoji.exblog.jp/27938997/