順照寺の平成20年度 春の彼岸会法要

画像をクリックすると拡大表示します。


順照寺の平成20年度 春の彼岸会法要

山西先生の大変興味深いお説法に続き、須磨消防署行本氏より火災報知器設置が義務付けられるお話しなどをいただきました。


順照寺の平成20年度 春の彼岸会法要

桂しん吉さんの順照寺寄席は3度目となりました。あいにくの曇り空となりましたが、春の暖かい気候になり楽しいお噺ににも花が咲きました。

■日 時 : 平成20年3月23日(日)
■時 間 : 午後1時半より
■場 所 : 順照寺本堂
■ご法話 : 山西昭義 先生(本願寺布教使)
      「彼岸によせて」
■ご講師 : 行本哲也氏(須磨消防署消防指令補)
      「消防について」

■イベント : 順照寺寄席《入 場 無 料》
       出演 / 桂しん吉

■桂しん吉 経歴■
本名:濱 靖人(はま やすと)
出身:奈良県大和高田市
平成10年:桂吉朝に入門 同年:大師匠米朝宅で弟子生活開始
平成13年:内弟子卒業後、『らくごびとの会』を開催
平成15年:横笛とバンジョーの『ぐんきち』を結成
『桂しん吉春の祭典』を開催、その後、各地で落語家として活躍中

平成18年4月24日(月)大阪恵比須町のジャングル・インディペンデントシアターにて、師、桂吉朝と中島らもさんを偲んだ『桂しん吉春の祭典』を開催した。

※桂しん吉さんのHP
↓↓↓
http://k-shinkichi.net/