順照寺の平成23年度 永代経法要

画像をクリックすると拡大表示します。


順照寺の平成23年度 永代経法要

蒸し暑い気候ながら、大変多くの方にお参り頂きました。
今は亡き身近な方々を思い出し、また東日本大震災で亡くなられた犠牲者の方々をも偲びながら、阿弥陀経をお勤めさせて頂きました。


順照寺の平成23年度 永代経法要

永代経法要のポスターのモチーフ「紫陽花」に合わせたという素敵な色のドレスが大変爽やかでした。
美しい歌声が暑さを忘れさせてくれる有意義な一時でした。

■日 時 : 平成23年6月26日(日)
■時 間 : 午後1時半より
■場 所 : 慈光山 順照寺本堂
■ご法話 : 鷲尾衛鳳 先生 (本願寺布教使)
■イベント : 順照寺ソプラノの調べ
       《入 場 無 料》
       ボーカル / 浜 知実
       ボーカル / 高原 いつか
       ピアノ  / 長谷川 千彰

永代経とは、永代読経の略で、「末長く(永代に)お経が読まれる」という意味であります。
また、「お寺が護持、発展されること、そこで子や孫が代々にわたってみ教えを聞き慶ぶ」ということであります。
そうした願いと志をもって、ある程度まとまったお金や、佛具などをお寺に納めるのが、「永代経志納」であり、その報恩の行為を受けて、お寺が開く法要(法事)が「永代経法要」であります。

この機に、先にお浄土に往生されたご先祖さまを偲びつつ、わたしの「命」のあり方を見つめなおす有り難いご縁でもあります。

今年も年1回の永代経法要に大変たくさんの方々がお参りくださいました。

合掌 南无阿弥陀佛

※2011年6月26日の住職ブログ「永代経法要 」に当日の詳細をアップしました。
ぜひご覧下さい。
↓↓↓
http://junshoji.exblog.jp/18320340/