順照寺の平成21年度 報恩講法要

画像をクリックすると拡大表示します。


順照寺の平成21年度 報恩講法要

平成21年度最後の法要は多くの方にお集りいただきました。
別所先生には、親鸞聖人750回忌にちなんだお話をいただきました。


順照寺の平成21年度 報恩講法要

親鸞と善鸞親子の「真実の念仏とは」の朗読劇では、お念仏への正しい信心について親鸞聖人が強い信念を持っておられたことを教えていただきました。

■日 時 : 平成21年11月29日(日)
■時 間 : 午後1時半より
■場 所 : 慈光山 順照寺本堂
■ご法話 : 別所法宣 先生(本願寺布教使)
■イベント : 順照寺朗読劇《入 場 無 料》
      「親鸞と善鸞」
       脚本 / 池本 善一
       演出 / 丸尾 拓
       音響 / 下田 要

       親   鸞 / 西川 たけのすけ
       善   鸞 / 沼田 俊也
       正統念仏者 / 森田 恵奈
       異端念仏者 / 麻上 美誘
       幕府役人  / 明知 広樹
       ナレーター / 谷頭 早紀

報恩講とは、浄土真宗をお開き下さった宗祖親鸞聖人のご遺徳を偲び、そのご恩に報いる法要です。
親鸞聖人の生き方を通し、浄土真宗を越えて卓越した人格と生き方に出逢わせていただき、聖人の開眼されたみ教えを仰ぎつつ皆様と共に正信偈をお勤めいたしました。

合掌 南无阿弥陀佛