順照寺の平成20年度 クラシックの夕べ

画像をクリックすると拡大表示します。


順照寺の平成20年度 クラシックの夕べ

夕方より老若男女多くの方々にお集りいただき、語りと演奏による、ひとときのヨーロッパ旅行を楽しんでいただきました。


順照寺の平成20年度 クラシックの夕べ

なじみのある曲も多く演奏され、アンコールでは「千の風になって」も演奏していただきました。

~音楽で綴るヨーロッパ紀行~

その国の作曲家の音楽と語りで、ヨーロッパの国々を旅行しているかのように巡っていきます。
たくさんの方々にクラシックの豊かな世界をお楽しみいただきました。

■日 時 : 平成20年10月24日(金)
■時 間 : 午後6時半より
■場 所 : 順照寺本堂

■演 奏 :
 ヴァイオリン / 森口真智子
 フルート   / 山本ありさ
 クラリネット / 高由花
 チェロ    / 崎元蘭奈
 ピアノ    / 中村友美
 ピアノ    / 田中洋子

■ストーリーテラー : 小坂美佐子

■曲目■
 G線上のアリア
 チャルダッシュ
 ツィゴイネルワイゼン
 タイスの瞑想
 ジュトヴ
 パッサカリア
 ガラスの靴
 ワルツOp.posth.69-1

========================
※10月22日の文化時報及び10月23日の神戸新聞に掲載されました。
 ↓↓↓
https://www.junshoji.jp/old/guide/newspaper/bunka-kobepaper.html