順照寺の平成19年度 永代経法要

画像をクリックすると拡大表示します。


順照寺の平成19年度 永代経法要

ご佛前にご法名奉呈を行い阿弥陀如来佛徳讃嘆の読経の後、別所法宣先生に現生正定聚(げんしょうしょうじょうじゅ)についてのご法話をいただきました。


順照寺の平成19年度 永代経法要

素晴らしいボーカルと、リズミカルなピアノ、重低音のベースそれぞれの音のハーモニーが本堂に響き渡りました。

■日 時 : 平成19年6月24日(日)
■時 間 : 午後1時半より
■場 所 : 慈光山 順照寺本堂
■ご法話 : 別所 法宣先生(本願寺布教使)
■イベント : JAZZライブ
       《入 場 無 料》

永代経とは、永代読経の略で、「末長く(永代に)お経が読まれる」という意味であります。
また、「お寺が護持、発展されること、そこで子や孫が代々にわたってみ教えを聞き慶ぶ」ということであります。
そうした願いと志をもって、ある程度まとまったお金や、佛具などをお寺に納めるのが、「永代経志納」であり、その報恩の行為を受けて、お寺が開く法要(法事)が「永代経法要」であります。
この機に、先にお浄土に往生されたご先祖さまを偲びつつ、わたしの「命」のあり方を見つめなおす有り難いご縁でもあります。

法要当日は、ご佛前に法名奉呈を行い、阿弥陀仏来の佛徳讃嘆の読経をさせていただきました。

合掌 南无阿弥陀佛

『イベントJAZZライブ』
■時 間 : 午後3時15分より
■場 所 : 順照寺本堂
■出 演 : しげやま 英子(ボーカル)
      安藤 義則  (ピ ア ノ)
      小出 恭正  (ベース)

■ドレスコード : スマートカジュアル

《曲 目》
♪Over The Rainbow
(E.Y.Hoeburg-H.Arlen)

1939年 映画『オズの魔法使い』で主人公ドロシー役のジュディ・ガーランドが歌いました。

♪Side By Side
(Harry Woods)

「お金が無くても明日に何があってもたゆまず前進してゆこう」というHappyな歌詞です。

♪Side The Last Dance For Me
(D.Poms&M.Shuman)

オリジナルは1960年、ドリフターズ(Drifftters)ですが、日本では越路吹雪さんが歌い有名になりました。

♪Side The Last Dance For Me
(D.Heyman-Victor Young)

1951年『One Minute To Zero』の主題歌。ナット・キング・コールの歌唱で有名になりました。

♪Summer Time
(D.HeyWard-G.Gerswin)

1934年 フォークオペラ『ポーギーとベス』の第1幕の出だしでクララという少女が歌う子守唄です。

♪Hit The Road To Dreamland
(J.Mercer-H.Arlen)

1942年『Star Spangled Rythm』の主題歌です。

♪Sea Wind

《出演者ご紹介》
■しげやま 英子
神戸新聞文化センター「歌うためのヴォイストレーニング入門」講師。
幼少の頃より歌、ピアノを始める。武庫川女子短期大学英文科卒。
1971年TV番組「グリグリ特訓名人会」で優勝、田端義夫氏に教えを戴く。1979年益子務氏(武庫川女子大学教授)に師事する。1981年ポートピア博覧会開催記念・神戸イメージソング「マイポート神戸」新人歌手に選ばれる。

■安藤 義則
ジャズピアニスト&作・編曲家 神戸市出身。
大学の頃からDEXIE LANDO JAZZに興味を抱く。特にピアノが得意。神戸JAZZ STREETには第一回目より連続出演している。1996年8月よりライブハウス“GREAT BLUE”を経営しながら連夜ホットな演奏を行っている。
また、作曲した”SEA WIND”はNHKの夕方6:10からの神戸発ニュース番組のテーマソングである。

■小出 恭正
1951年生まれ 55才
高校時代からベースを始め、大学に通う傍らプロとして活動する。
大学を卒業後、一般の会社に就職するが音楽の魅力から抜けきれず、セミプロとして活動を続ける。
10年ほど前から神戸のライブハウスを中心にライブ演奏を行っている。